大切な人を見送るための家族葬とその料金

バナー

大切な人を見送るための家族葬とその料金

葬儀には三つの別れの意味があるといわれています。

まず故人と家族・知人との別れ、社会的な別れ、宗教などとの別れです。

家族葬の料金情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

そして葬儀には一般葬儀と家族葬のふた通りが存在します。

それぞれの葬儀の優先順位が違うのです。一般的には宗教や、社会的な別れが優先され、家族は二の次です。

むしろ、会葬者への対応に追われる一方で故人を偲ぶ時間は全くありません。それに比べ家族葬は家族と他近しい人たちのみで行われますので、気疲れをすることもありません。

遺言で家族葬を希望される方も増えています。


それは、自分を本当に偲んでくれる方だけに見送られたい気持ちと、それから残された家族に辛い思いをさせないためにと最期の気遣いなのです。

なにより、むだなお金がかかりません。

お清めとして振舞わなければいけない、特上のお寿司やオードブルを用意することはありません。
最期は故人との思い出の料理で晩餐をします。

基本的に自由形式なのです。

料金の相場も、一般葬儀が250万円前後に対して、家族葬は約200万円です。
ただし、一般葬儀が基準の世の中ですから、周りを納得させる労力は多少使うかもしれません。今後のお付き合いに影響が出る恐れがありますので、事前にしっかり連絡しておきましょう。



大切な人の最期の時ですから、その人らしい葬儀にすることができるのも家族葬の最大のメリットです。

どちらを選ぶにしても、費用はかかります。

FC2まとめについて知りたいならこちらです。

家族は故人のことを考え、相応しいものを選んであげてください。


Copyright (C) 2015 大切な人を見送るための家族葬とその料金 All Rights Reserved.